産業スパイと呼ばれる新たな手口

四日市の企業で盗聴器が増加している事

産業スパイと呼ばれる人達を知っていますか。他社から送りこまれた人がライバルと目している会社に入社し、色々な情報を引き出すのが目的です。その際の手段として使われているのが盗聴器です。会社の社長室の椅子の下、仕事場所の電話機など、色々な所に仕掛ければ重要な情報を入手できます。あと、産業スパイがいたことは、開発しようとしていた何かと似たような製品を他社が発表することで判明します。
恐らく、この時は悔しくて仕方がない場面かもしれません。四日市では産業スパイが増えており、その対策に日々追われています。新入社員が怪しまれる対象になりやすいですが、中には長年勤めていた人が行っていることもあり、調べるのは難しい状況です。
何かが怪しいと気づいた時に行われる方法には、探偵を呼ぶことが挙げられます。四日市の会社へ探偵を招くと、盗聴器がある可能性が高いと判断し、電池で動くタイプの盗聴器発見器で探してくれます。その万能な盗聴器発見器で発見された後は、誰が仕掛けたかについて探し出すのも探偵の仕事です。探偵が調べた結果は社長に報告されます。その結果、新入社員が行ったと判明すれば即退社となり、ベテランがしていたのなら退職届を提出するように仕向けることが多いです。

四日市で盗聴器の発見を業者にお願いした話

四日市のとある工場で働いていた時の話です。昼休みに地域内で発行している新聞を読んでいると、他社が何かを発表しているページがありました。普段ならどうでもいいことなのですが、今回ばかりは違っていました。この工場で使われている技術がなければ、作れない製品だったからです。
上司がいる部屋に急いで行き新聞を見せてみると、弁当を幸せそうに食べていた上司の顔つきは一気に凍りつきました。そして上司は、私の手を引きながら社長室へと移動しました。上司に話した時と同じように社長にも話しました。すると、我が社に産業スパイがいる可能性があるねと怒ったような表情で社長は言いました。盗聴器もあるだろうと言い、私に業者を呼ぶようにと指示してきたので、速やかに行動を開始しました。
四日市の工場へ来た業者の姿は、面白いことに作業場で働く従業員に見えました。その後、何をすべきかを伝えると、業者は盗聴器発見器で盗聴器を探しを始めました。一緒について行くと、工場内の壁の隅や電話の後ろ、または上司の使う椅子の下などから続々と盗聴器が発見されていたので驚きました。業者は上司が怪しいと言うため、社長にだけ報告しておきました。一週間後に上司は任意退職という形で会社を去って行きました。お金に困っていたのが盗聴器を仕掛けた理由らしいと社長が言っていました。

カレンダー

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

イチオシ記事

盗聴器を発見する方法とはなにか

なぜ四日市の業者は盗聴器を発見できるのか 相手に気づかれずに日常生活の様子を探るのが目的の盗聴器は…

もっと詳しく

信頼と実績が豊富な四日市のプロ業者

四日市で盗聴器発見をしている業者 日本で盗聴器発見のサービスを行うには、特に営業許可は必要ではない…

もっと詳しく

産業スパイと呼ばれる新たな手口

四日市の企業で盗聴器が増加している事 産業スパイと呼ばれる人達を知っていますか。他社から送りこまれ…

もっと詳しく

見所一覧

2017年08月02日
盗聴器を発見する方法とはなにかを更新しました。
2017年08月02日
信頼と実績が豊富な四日市のプロ業者を更新しました。
2017年08月02日
産業スパイと呼ばれる新たな手口を更新しました。
2017年08月02日
気になったらすぐに盗聴器発見の依頼をを更新しました。

Copyright(C)2017 被害の特徴を捉えた四日市のプロ盗聴器発見業者 All Rights Reserved.